2013年09月27日

アジの 寿司! 刺身! ポン酢和え!


投げサビキで狙うは! ⇒ ツバス&マアジ

赤アジと青アジ ・・・そしてガブリンちゃん  

投げサビキで赤アジ釣り 結構たのし〜(^^)  の続きです。

まだの方は、上の3つを先に読んで頂くと話が繋がります。



薄暗くなり、周りではタチウオが釣れ始めた
午後6時頃の兵庫突堤・・・

午前10時から8時間も釣りをしていたことになります💦


チビ姫に、
「さ、もう片付けて、帰ろっかぁ」と言うと、
さすがに疲れていたのでしょう、
だいたい嫌がるのに、素直に応じます。

チビ姫には、自分の竿を回収させ、
椅子の片付けなどを頼みます。


ダディーもまず、キワ狙いの
銅付き仕掛けを回収すると
なんだか、仕掛けが何かにグルグル絡まっています。


ん? なんやこれ?





なんと、アナゴでした❗

全く狙っておらず、掛かってる気配も感じず、
ただ、仕掛けを回収したら、絡まってたって感じです。

一応、エサに喰いついて
それから、長時間暴れ回り
グルグルに絡まったようで
テンヤに縛られたドジョウみたいになってました。

サイズは小さく、長さも25cmくらいです。
家に帰ってからの写真ですが・・↓↓

130927@.jpg

針が取れず、仕掛けがくっついたまま、オモリもついてる




クーラーの中はこんな感じです。

130927A.jpg



とにかく、道具を車にぶち込んで、
家路を急ぎます。

車に乗ってしばらくすると、
チビ姫は寝入ってしまいました。

ま、当然です。


ダディーは、手足がヒリヒリします。

ガッツリ日焼けしてしまいました。



家に帰って、
チビ姫を風呂に入れて貰ってる間に、
ダディーは、釣ってきた魚を捌きます。

アジ以外は、下処理だけして、冷凍にし、




釣れたアジはこれら↓↓

130927B.jpg

右の小さい6匹は青(マルアジ)で、
他は赤(マアジ)ですかね。

中央下から2匹目も青かいな?


だとすると、
赤アジと青アジ ・・・そしてガブリンちゃん 
で紹介した、赤と青の見分け方の他、
黒目の大きさが、なんとなくですが、
赤は大きく、色は小さいような気がします。

今後、また気にしてみようと思います。



一番でかそうなのでコレ↓↓ 

130927C.jpg

18cmです。



ジュニアと風呂から上がってきたチビ姫のリクエストで、
寿司も握ることになりました。

といっても、酢飯なんて作りません。
ただの白飯がシャリとなります。



まずは、頭を落とし、内臓を取って、
そして、ゼイゴを削ぎ取ります。

それから、3枚におろして・・・

こんだけ、捌くのは結構大変です💦

デカ姫が手伝ってくれるとのことで、
ゼイゴの取り方、
3枚おろしの仕方を教えます。
(自分でもびっくりですが、下手ながらも人に教えれるようになってました💡)




しかしです・・・

「こんなん無理やわ。」と言っていたデカ姫、
たちまち、ダディーより上手に、
ゼイゴを削いで、3枚におろせるようになっていました。

自分でも、「だんだんプロってきた🎵」とか言うてました。


ショックです⤵


なんか、最近上手に魚を捌けるようになった気でいましたが
ただの気のせいでした。


ま、デカ姫は器用なのですが、
ダディーは
超絶不器用だったのです😞


でも、まぁ、あと、
ダディーが刺身にして
デカ姫が寿司にして
ジュニアとチビ姫にも握らせて(これがしたかったんですね・・)
なんとか仕上がりました。




アジの寿司アジの刺身アジのポン酢和え

130927D.jpg


ま、見栄えは良くはありませんが、おいしそうです。

早速、頂きましたが、なにかが変です。

モサモサします。




皮・・かな?



生で食べるアジってそういえば、
皮は微妙に残ってるけど、
基本、剥いでましたっけね?

アジ自体はおいしいのですが、
この皮のモサモサ感は頂けません。

口から皮を出しながら食べることに。


しかしです、
また、ひとつかしこくなりました😃











posted by 釣りダディー at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣った魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

鯛の餌コワ〜!! ガシラウマ〜!!

ファミリ-5人でいろいろ釣りへ!(初)
    
ハネ釣りロッドご購入(^_^)/~    
    
サビキ爆釣! さばの生き腐れ⇒鯖折り⇒血抜き    
    
撃沈のハネ 順調にガシラ&タコ    
    
釣果発表! サビキ・エビ撒き・落とし込み・タコ



上記釣行で釣ってきた魚たちを調理してみました⤴

釣果写真とともにアップします。


まずは釣果

130922@.jpg

こんだけ釣れました⁉

アジ、サバ、イワシ、ガシラ、タコの5種類、
全部で 253 匹です⤴




次、ややでかめのだけで並べてみました。

130922A.jpg

サバは23cmが筆頭で、ガシラはデカイ方で15cmです。
右中央にいるこんまいのは、1匹だけ釣れたイワシです。





さらには、お弁当風に詰めてみました。

130922B.jpg

もう、いいですか?
たくさん釣れて嬉しかったので・・・





さ、こいつらをどう調理していくかですが、

その前に、とっても気になることが・・・・

サバについてる、
ナウシカに出てくるオウムが
白くなったみたいな奴・・






誰ですか? 💦



130922C.jpg




キモイ!









サバには、
アニサキスという寄生虫がいるかどうか
気を付けないといけないってことは、
事前に情報収集していたのですが、
こいつは、アニサキスとは明らかに違います。


調べてみると、

タイノエ(鯛の餌) とか、

ウオノエ(魚の餌) とか、

言うらしいです。


なんと、恐ろしい、このような記述が・・・・

「等脚目に属する魚の寄生虫の科のひとつで、漢字で書くと「魚の餌」というウオノエ。アジ・タイ・サヨリなどの魚の口内やえら、体表面にへばりつき、体液を吸う寄生虫です。
魚の体内に侵入したウオノエは、魚の舌から体液を吸い取り腐らせてしまいます。さらに今度は自分自身が舌になり代わり、魚が食べるエサなどを食べるといいます。
宿主の魚が死ぬと離れるため、釣った魚をいれておいたクーラーボックスの水の中で泳いでいるのを見つけることもあります。また スーパーマーケットに売っている魚でも、まれに口からウオノエが覗いている場合もあります。ただし、人の目には気付きにくく、主に魚の口内に入り込んでいるため、誤って食すことも無く、人に寄生することもありません。」



詳しくはここに、動画付きで説明ありました。
人によっては、閲覧注意です❗
    ↓
http://commonpost.info/?p=62575


しかし、人には特に害がないと分かれば、
よくよく見ると、愛嬌があるとも見れないこともないです。

しかし、人に寄生することはないといっても、
万が一にも食べたくはないです。

さばくついでに
全匹、しっかりチェックしました。


すると、結構いました。
7〜8匹は発見です。

ほとんどサバでした。
アジにもいたかもしれません。




さて、肝心の調理の方ですが、
悩んだ末、↓↓ に決定❗

ア ジ  全部を南蛮漬け  
サ バ  デカイの塩焼き、他は煮付け
タ コ  冷凍保存(ボイル後)
ガシラ  煮付け


さばくのは、全てダディーが担当。

アジはとんでもなく多いですし、
大きくても11cmです。
10cm級だけゼイゴは取りましたが、
他はめんどいので取りませんでした。

調理は、塩焼きだけダディー
南蛮漬けと煮付けはママちゃん担当です。



出来上がりはこちら ↓

まずは、アジの南蛮漬け!

130922D.jpg

130922E.jpg


たいへんおいしく頂きました。




次、サバです。

サバの塩焼き

130922F.jpg

ダディー作なのですが、なんかボロボロになりました。
そして、やや生臭さがありました。

今回、サバは、釣ってすぐに鯖折りで即死させ、
そしてすぐ血抜き(どの程度できてたかは不明)したのですが、
さばく時点で、他の魚と比べると、
サバはなんか、新鮮さの無い個体が結構ありました。

夕方の釣りで、帰ってきてすぐさばいたのですが、
最初の方に釣れたサバだと思います。

サバを持って帰る場合、どのようにするか、
今後、要研究です。


あと、煮付けはそこそこのお味でした。
写真取り忘れです。




そして、ガシラの煮付けです。

130922G.jpg

もう、これ最高にうまかったです。

もっと、ガシラ釣り頑張ればよかった。

また、ガシラ専門に釣りにいくのもありですね。



以上、初めてのファミリー5人全員での釣りは、
大漁で、おいしく頂けて、なによりでした。


全員でいけることは、今後、そんなにないかもしれませんが、
また、行ってみたいです😃




淡路島産がしら(カサゴ)1匹200g前後

価格:880円
(2013/9/22 11:11時点)


























posted by 釣りダディー at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣った魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月05日

素手で三枚おろし! 生鰯のポン酢和え 


前々々回、「サビキ&ハネ釣り
前々回、 「ボラアタックとイワシ祭
前回、  「ズスキ?の洗礼を受ける

の釣行で釣ってきたイワシを料理します。



130905@.jpg


こいつらです。

42匹です。





さて、どうやって食べるか考えます。

せっかく新鮮なので、生で食べたいと思います。



けど、刺身といってもこんな小さいのでは・・せいぜい10cm台前半です。

どうさばいていくか。。。



困ったときおi-phone検索です。

すると、出てくる出てくる。
クックパットにYoutube⤴

いやはや便利な世の中です。



どうも、
これくらいのサイズのイワシだと、
包丁を一切使わずさばけてしますようです。


Youtubeを見ながら実践です。

魚くっさい手でi-phoneを触るのは辛いです。



手順は、右利きの人ならこんな感じです。

@ 左手に腹を上向きにしてイワシを持つ。

A 腹から頭方向に向かって、右手の親指で押していく。

B 首の辺まで押してったら、左手で首を引っこ抜く。

  すると・・・・


  なんということでしょう✨

 
 はい ❗


 内臓と頭が綺麗に取れました



C 次は、開いた腹側から親指を入れ、爪で背側を切り、身を2つに分けます。
  (柔らかいので簡単に切れます)

D 骨のついた側の身から、手で骨を外します。

 
これで、

 


三枚おろし

 
の完成です❗

 

とても手早く、綺麗にできました。

でも、あえて3枚におろす必要もないかと、
途中からは、開きにするだけにしました。


そして最後は、真水で洗うと鮮度が落ちるらしいので、塩水で洗い、

ネギとポン酢をまぶして出来上がりです。





130905A.jpg




目茶苦茶


うまい!!



うまいもんはうまい❗







GyoNetBlog ランキングバナー

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




【瀬戸内名産】小いわし刺身30g×1パック(冷凍便)[メール便:不可]

価格:315円
(2013/9/5 11:06時点)







posted by 釣りダディー at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣った魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

セイゴの塩焼き


エビ撒きで ハネを狙ってみる

続 エビ撒きで ハネを狙ってみる

上の2つの記事の セイゴ 2匹。 


この日の晩飯の一品には決定しましたが、さてどうするか・・・・。

20cmと24cmのセイゴ、
中途半端と言えば、中途半端なでかさです。

考えに考えたあげく・・・



白身なんで普通に塩焼きにすることに決定。   


そして、今度は、
そもそも3枚におろすかどうか。

キレイにおろすテクニックもないし、
大きさ的にもこの程度なので・・・



丸焼きに決定❗


といっても、エラと内臓は取りました。

すると、丸焼きにはならないんでしょうか?

とにかく、エラと内臓だけとって、冷蔵庫に。




そして、夜に塩ふって、焼きました。

コンロのグリルを使うと、後処理大変なので、
フライパンで焼きます。

こげないアルミホイルってのを下に引いて焼きました。



すごい美味です。

写真を撮ってないのが残念です。


昔から、そうなんですが、ダディーは自分で捕獲してきたものは、

2倍おいしく感じます。 倍うまいだ。


自分で作れば、

10倍おいしく感じます。 10倍うまいだ。


この釣ってきた魚を、一番、喜んで食べてくれるのは、
チビ姫です。


釣ってきがいがあるってもんです。



ハネ釣り名人のハネ釣り必釣法

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー


にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

クックパー フライパン用ホイル 25cm×7M




posted by 釣りダディー at 11:00| Comment(0) | 釣った魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログの引っ越し先 ρ゙(._.〃)

釣りダディーのファミリーフィッシング釣果録 其の弐

当ブログは2015年10月に引っ越ししております(* ̄▽ ̄)ノ~~
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。