2015年03月10日

続 メバルの胸ビレで何メバルか特定

今までにメバルの色による種別と
(*・・)σ 「メバルのカラー(・・・」
胸ビレ軟条数による種類の特定について記事を書きました
(´∀`σ)σ 「メバルの胸びれを数えて・・・・」
150307Atyamebaru_siromebaru_munabire17hon.JPG
読んでない人はリンクから飛んで読んでみてください
一度読んだ方も、ちょっと読みかえしみててくださいな











読み返して頂けましたか?


で、この2匹のメバル
150307@mebaru_kinntya.JPG
ちっこい方は色的にも胸びれ的にも
金メバル(アカメバル)確定だったのですが
でっかい方が
茶メバルかな? ブルーバックかな? 
どっちかな?って思ってたところ
胸びれの軟条数17だったので
茶メバル(シロメバル)ってことで
ダディーの中で決着が付いていたのですが・・・・



どうも、なんか違う気がしてならない。。。。


そして、先日、人がホゲって意気消沈で家路に付いた頃
ひな☆はるさんから
こんなドヤLINEが着弾
150310_mebaru_awajisima_blueback.JPG


立派な体高のメバルちゃん
パッと見ブルー(青メバル・クロメバル)かなと。。。。

しかし、こいつの胸びれは15本であったそうな。。。

15本ってことは金メバル(アカメバル)
これ・・・金ではないよ〜な・・・・・
※写真上で胸びれ数えたら16あるけど?



で、一度は茶メバル(シロメバル)であると結論付けた
メバルの写真をもっかい見てみました



釣り立てホヤホヤの
150304Ctyamebaru_siromebaru.JPG


釣ってしばらくバケツで泳がせた後
150304Etyamebaru_siromebaru_17cm.JPG


締めた直後
150310Amebaru_aomebaru_kuromebaru.JPG


写真を撮ったときと、部位によって
茶とも白とも青とも黒ともどうとでも取れます


状況証拠的にもますたぁさん
その後そこでブルー釣りましたし・・・

そこで釣られた2匹似てるし・・
150304Dtyamebaru_blueback_baketsu.JPG
下の方が上記の問題のメバルです



あと、ネット上でいろんな青メバ(クロメバ)の画像を見てると
やっぱりこのメバルは
茶メバルではなく青メバルのように思えてきました

で、このWEB魚図鑑の写真見て
説明読んでると
「クロメバルは、その名の通り黒っぽい個体が多く、背側は緑色っぽい色をしているのが特徴的。」
と、このメバルも緑色っぽいのがありました
あと
「胸鰭軟条数が15〜17本(普通は16本)で・・・・」
と、やっぱり結構個体差があるのでは?と思わせる一文も!
それに
「体側の横帯は不明瞭な傾向にあること」
今まで釣った茶メバルであろうやつと比べると
そんな感じ!
プラス
「岩礁域に生息・・・・・・」
岩礁の際で釣ったし!!

で、ブルーは結構、体高があると聞きますが
サイズ以上の体高があったと思います(^^)


以上から!
 
胸ビレ軟条数は17本ではありましが(しかも1本は細い)
このメバルはブルーバック!
つまり青メバル(クロメバル)と認定させて頂きます(゚∀゚ノノ゙



なにいろでもめばるはめばるですが・・・・



多くの方にはどうでも良い事かとは思いますが
ダディー的に気になってしまっているので
今後も、胸びれ軟条数調査は続けてまいります(`・ω・´)ゞ 



伊勢湾産 活け締め 黒メバル(めばる・クロメバル・くろめばる)1kg (5匹前後)







何めばるでもいいんで
20アップのが釣りたい(`・ω・´)
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村


posted by 釣りダディー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ど素人アングラーの考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログの引っ越し先 ρ゙(._.〃)

釣りダディーのファミリーフィッシング釣果録 其の弐

当ブログは2015年10月に引っ越ししております(* ̄▽ ̄)ノ~~