2015年02月18日

ロンリーランガン タケノコ掘り

前記事の予告どおり出撃してきました
予定より少し遅れましたが
満潮からの下げに動き出すくらいの時間からです
そして・・・・・
150218@takenokomabaru.jpg





★釣行情報

●釣行日/平成27年2月15日(日)
●釣行時間/19:10〜22:50(3時間40分)
●釣り場/高砂・ライジャケP
●釣行者/ダディー
●潮/中潮初日
   満潮18:27(103cm) 干潮25:22(15cm)  
●潮流/右から左に多少
●月齢/26.6
●風予報/北の風6m ⇒ 4m
●風実際/予報通り北風がそこそこだったが、だんだん弱まっていった
●天気/曇り時々晴れ
●気温/上・シャツ系3枚とフリースとダウン
    下・ジャージに防寒防水ズボン で丁度良い
    気温は到着時6°くらいだったと思う



本日は単独釣行、そして先行者なし。。。


手前からランガンしていきます


この日、風と潮の流れは同じ方向

この弱い流れに自然に乗せたいのですが
風がきつくてアップクロスに投げても

どこほっとんねん(▼皿▼)
てな具合に


試行錯誤してると
横からキャストすると、風の影響が少なく
ちょっとはマシに投げれるように

そして、ふと気付きました
ラインをフロロに代えて2回目ですが
PEと比べたら、風の影響やっぱ少ない!
こりゃえ〜わヽ(・∀・)ノ


そうこう20分くらい
ちょっとずつ動きながらしていたでしょうか・・・

根掛かりとは明らかに違う反応が!
けど、そんなに走るわけでもなく、そこそこの重み

ガッシーかな?



タケノコメバルでした(^^)
150218Atakenokomebaru_20up.jpg
JH ・1.5g/#10/グロー/グローブライド/月下美人SWライトジグヘッドSS

ワーム ・オンスタックル/マゴバチ/1.7インチ/(01)パールホワイト


冒頭の写真のやつです

22.5cmのナイスサイズ!

ワームがマゴバチだったので
オンスに投稿しよかなと思った矢先に
タケちゃんが暴れて、外れてしまいました(×_×)



風が少し強くなってきたので
二匹目のタケノコを狙って
JHを2gにチェンジ

しかし、結果は、根掛かりが多くなっただけ・・・・



どんどん、どんどん、ランガンしていきます



そして、ダディー初のポイントへ!


うんしょ、うんしょと老体にむち打ち
歩いて、登って、跨いで、渡って・・・


流れのあるところを狙ったり
テトラ際を狙ったりしますが
な〜んもナッシン ┐(´∀`)┌


少し、移動しテトラの奧へ!

初めていくとこで
しかも一人っきり
ちょっと危険を伴いますので
ライジャケ付けてるといっても
止めてた方が良かったかもと
後々思いましたが
このときは、好奇心しかありませんでした


キャストしやすそうなところを探してたら
風裏になるのもあるのですが
なんだか温かい感じが・・・・


こんな所を発見しました!

150218Connhaisui_haisuikou.jpg

これ、温排水溝です!

この上、めっちゃ暖か(^^)

そして、温排水の出るところには
確か、シーバスが溜まっていると聞いたことが・・・

メバルでなくてもシーバスでも釣ってみたいので
(シーバス、ルアーで釣ったことありません)
ここで、しばらくキャストすることに


はい、で、な〜んもナッシン!

シーバス釣りたかったな〜
まぁ、デカイの来たら上げれんかったやろけど(^^)



時間もいい感じなので
来たとこを戻りながらの
turn back the run&gun

風の当たるところに出ると
大分、弱まっていました(^^)


さ、行きしなよりは速いペースで
戻って行く事としますか



続きは明日あたりに!




メバル厳しい感じですねぇ(`・ω・´)
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
にほんブログ村
posted by 釣りダディー at 11:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | アジング・メバリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。

端しっこまで行ったんですね!

最近、あの辺は漁師が網入れしてからサッパリです(--;)
以前は良いのが釣れてましたが…

続きを楽しみにしてます(^^)
Posted by 修行僧 at 2015年02月18日 16:54

〉修行僧さん
端っこまでいきました(^ ^)

釣れそうな雰囲気だったのですが・・・網入れですかー、影響大ですね。
Posted by 釣りダディー at 2015年02月18日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: