2014年03月13日

100均で今度はジグヘッドリグ用ケース

何度もお伝えしていますが、
ダディーの不器用さは相当なものです。
器用さランキングは、
ダディー家5人中、4位か5位です。
ブービーはチビ姫との争いですが、
あと1、2年で完全に抜き去られるでしょう(´・ω・`)

しかし、
釣りに不器用はかなり不利です。
それを回数重ねて克服したいのですが、
やはり下準備も大切。

Sponsored Link




今、挑戦中のメバリングは、
ジグヘッドにワームを刺す仕掛けが基本なので、
当然、ジグヘッドにワームを刺すという
作業が必要です。

こんなん、
ややこしい結び方をするわけでもないし、
何の問題もないと思っていたのですが、
クルリと回り込んでいるフックに
グニャっとしたワームを刺すのですが、
メバルのベイトの小魚などのように泳がすには
真っ直ぐ刺すことが重要なようで、
これが、なかなか一撃でパシッと決まりません。


このような、誰でも簡単に刺せるのもありますが・・・

ハヤブサ(Hayabusa) FINA メバル専用ジグヘッド ストロングまっすぐ #10/2g FS202-10-2



それでも失敗したりします(○´ω`○)ゞ

そして柔らかめのワームは
すっぽ抜けていくことが
先日の第4戦で実証されました。



そこで効率よく、
そしてストレスなく
メバリングをしていくためには、
ある程度使いそうな
ジグヘッドとワームの組み合わせを
既に組み込んでいく必要があると感じました。


けど、違う種類のワーム同士は
くっつけてると溶けたりするのもあるようで、
区分けされた入れ物がいるなと・・・

世の中には
ジグヘッドケースという専用ケースもありますが、
やはり釣りに直接関係ないものは(関係あるのもですが・・・)
出来るだけ安くと
ダイソーでこれを購入しました。

140313@.JPG


はい。ただの小分けできる入れ物です。
いくつかありましたが、これがいいかと。




ネジやミシン糸など生活用品の整理に・・・
140313A.JPG




中身出してフタをあけるとこんな感じ
140313C.JPG




早速、ワームセットしたジグヘッド投入
140313D.JPG




フタを閉めた
140313E.JPG






やられた!




フタ止めるやつがいまいち精度悪い|( ̄□ ̄||

袋に入ってるやつは、これが確認できんのが困りますね・・
ま、105円やけど・・・
お、来月からは108円かな?


ま、なんとか使える精度の悪さなので、
しばらくはこれで行ってみます。





ここで、ふとした疑問が・・・・

皆さん、
ワームってどれくらい使ってますか?

ゴンゴンバイトがあって
ボロボロになっての交換は当然でしょうが、
ほとんど当たりもなく綺麗な状態のワーム・・・
ダディーは活メバルみないな
本物餌っぽいやつ系以外は、
何度も刺し直してボロボロでなければ使い回してます。

しかも、上手に刺せたやつは、
ジグヘッドに付けたままにして、
次回も使います。


この辺も、
釣れない要因の一つなのでしょうか・・・


アドバイス頂けたら嬉しいです(*⌒▽⌒*)

Sponsored Link



ランキン参加中。どちらかクリックしてやってください(^^)/~~~

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ ファミリーフィッシングへ
 

ポチッとな(*・・)σ
posted by 釣りダディー at 10:06 | Comment(11) | TrackBack(0) | 節約!釣り道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
専用のケースもありますが、私も当初は100均でした。
そのままではJHがケースの中で暴れ
まくるので下にクッション(ラバー)を敷いて
針を刺しておけば万全やと思います。
(そんな専用ケースが出ています)
Enjoy Fishing !!
Posted by よしちゃん。 at 2014年03月13日 12:23

>よしちゃんさん
こんにちは。いつもアドバイスありがとうございます。
そうですね。ガチャガチャします。
専用ケースはその必要性があれば購入します。100均ケースで問題なければ、工夫して使いやすくしていきますね。
Posted by 釣りダディー at 2014年03月13日 13:32
まず使用したものをどうするかですが、家に帰って針先が駄目なもの、乾燥してカピッとなるワームは捨てます。それら以外は水で洗って水気を取った後ビニール袋に入れシリコン ルブスプレーでJHが錆付かないようにコーティングします。そして次回使える物はそのまま使います。ケースは私も基本100均物を工夫して使用しています。ダディーさんが買われたようなケースは新品JHケースとして使っています。釣りの時はジャンパーのポケットに入る大きさの小物入れにある程度、家で用意し入れてから行きます。
言葉ではわかりにくいと思いますので、今度、私のブログでどのように収納しているか写真で公開しますね。
Posted by ニョロ at 2014年03月14日 01:59

>ニョロさん
いつもありがとうございます。

針先がダメがどうかは分かるもんですか?自分に刺すとかで?またチェックしてみます。
ジグヘッド・・今のところ錆びは見られませんが、コーディングしてないと錆びが出てきますか?ちなみに毎回使った分は水洗いはしています。ワーム付けたままのもありますが・・。

ブログアップお待ちしています(^^)/~~~
Posted by 釣りダディー at 2014年03月14日 09:10
私の場合は去年のフィッシングショーで頂いたコンパクトなジグヘッドケースを2つ利用してます。

1つにはジグヘッドばかりを入れて、もう1つにはジグヘッドにワームをセットしたのを入れて、以前釣果情報サイトのカンパリさんでもらったエギングバッグに入れてメバッてます。

私はめんどくさがりなんでニョロさんのようにお手入れはしないんですが汁系(主に活アジ、メバル)はボロボロにならない限りまた袋に戻します。

ボロボロになった場合でもハサミでカットしてリップス(ワームの頭部分をL字形にカット)にして使ったりもしてます。

ダディさんもカンパリさんに投稿して釣り具ゲットされてみてわ(^^)
Posted by ますたぁ at 2014年03月14日 12:43

>ますたぁさん
汁系も再利用されてるんですね。あくまで袋に戻して汁付けする感じでしょうか。
カンパリさんへの投稿ですか。。僕の場合、まず投稿する魚を釣らなくては話になりませんが、釣れたら考えてみます。
ワームのリップスチューン。意味が分かりませんでしたが、調べたら分かりました。また、一つおりこうになりました。ありがとうございます。
Posted by 釣りダディー at 2014年03月14日 17:32
針先はワインドのフックもそうですが、新品と使用した物を比べればすぐにわかりますよ。
方法は包丁の切れ味の確認と同じで爪の上を滑らせればすぐにわかります。包丁なら切れる物は滑らず止まります。針の場合も同じで良いものは止まります。力を少し入れても止まらないような物は、フッキングが悪くなり掛かりずらくなりっていると思われます。自分なりに切り捨てるラインを決めるか、シャープナーで研ぐかですが私は前者です。
ブログに私の小物収納をUPしておきました。
Posted by ニョロ at 2014年03月15日 03:21

>ニョロさん
新品との比較・・・当たり前ですが思いつきませんでした ^.^; 早速やってみます。
今から、ブログ見にいきます。
Posted by 釣りダディー at 2014年03月15日 11:04
こんちわー!
私用でバタバタしてて、コメントがおそくなりましたww

僕も最初は、ケースは安い100均のでええやんwと思っていたんですけど、そのうち満足できなくなるんですよねぇ・・・
ちなみに、私は、一度使ったJHは、水洗いして、使ったJHとワームをつけたまま、使ったものを入れる小ケースに入れてます。
新品のやつは、ウレタンマット?みたいなのに挟んで陳列し、ワームはその場でつけるやつを決めるので、現場でつけますかねー。
同じワームであれば、何回か指しているとコツがわかってくるので、現場で刺すようにしています。
Posted by おがじん at 2014年03月19日 12:10

>おかじんさん
僕もワームつけたまま水洗いしてたのですが、今回、外して洗いました。特に錆びとか出ませんか?なら、これが楽でいいですよね。

確かにワーム刺すのも上手になってきたように思います。まっすぐでなくてもいけそうです。
Posted by 釣りダディー at 2014年03月19日 18:22
僕わパワーイソメでやってます!
Posted by at 2017年02月17日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: